ホーム › サービス内容

女性営業支援サービスの内容と料金

女性営業支援サービスの主な内容は、下記のようになっております。
御社のご要望に応じて対応いたします。戦略立案から一貫して支援していきます。
お気軽にお問い合わせください。

  • 現状分析・戦略立案

    営業戦略立案の際、自社のサービスになるとどうしても主観的に考えがちです。クライアント様のご意向を組みながら、客観的な視点で現状を分析し、ニーズに合致する訴求ポイントを明確にします。
  • ターゲット選定~営業リスト作成

    営業戦略に基いてターゲットをセグメントし、カスタムメイドで、営業先リストを作成します。業種、売上規模はもちろん、海外に法人をおいた企業など、あらゆる条件を設定し絞り込みを行います。
  • 営業スクリプト作成

    営業戦略に基いてクライアント様の名前で営業するか、当社の名前で営業するかを決め、クライアント様にご確認頂きながら、電話営業先に刺さる切り口のスクリプトを作成していきます。
  • 電話営業によるアポイント獲得

    上段準備後、営業進捗管理ツールを作成し、電話営業を開始していきます。実際に営業してみると反応は様々です。リアルタイムで進捗を共有することで、都度営業切り口の見直しを行っていきます。
  • パッケージ料金

    初期費用 5万円~(税別)※業務の成果に対しての課金なので、ご予算や時期に合わせた営業費用の調節が可能です。
  • ヒアリング同行

    営業現場に同席しエンドユーザー様の安心感を高めるとともに、女性ならではの共感力で警戒心を払拭しニーズをヒアリングしていきます。同席することで、電話でのフリートークにも展開します。
  • 提案書作成

    エンドユーザー様の顕在化したニーズに対して、クライアント様のサービスや商品をどう提案すれば、お互いにとってメリットになるかを、アイデア出しからご一緒に考え提案書に落としていきます。
  • 営業資料作成代行

    アウトバウンド営業が初めての企業様や、新規事業の展開においては営業資料が揃っていない企業様が殆どです。営業戦略立案後、ご予算やご要望に応じて営業資料を作成していきます。
  • レポートの作成・提出

    選定したアプローチ先リストに対しての営業結果が80%以上に到達した段階で、業種ごとの反応や傾向などをまとめ、マーケットデータとして活用できるようレポーティングさせて頂きます。
  • ※アポイントが入らなければ基本料金の5万円以外の費用は発生いたしません。
  • ※期間に縛りはございません。初期費用を頂ければ継続的に御社の営業に従事させて頂きます。
  • ※営業商材を変更する際は、準備費用として別途5万円をご請求させていただきます。
  • ※「お客様の都合により」3ヵ月以上まったく営業稼働しなかった場合は、再度営業スタートさせていただく際に、5万円をご請求させていただきます。
  • ※エンドユーザーやステークホルダーの利益を全く考えない企業さまとのお取引については辞退させて頂くこともございますので、ご了承ください。
  • ※「」の項目についてはオプション扱いになります。

営業活動をツールで可視化!

アウトソーシングをした際に、本当に業務を行っているのかといった不安要素はつきものです。
弊社では、専用の営業管理ツールを利用し、いつどの会社の誰に営業電話をしたのか、さらにそこでのトークの内容やお客様の反応をリアルタイムに反映していきます。そうすることで、クライアント様と情報共有をするとともに、できるだけ営業活動の透明化を図っています。
また、リアルタイムに反映という点においては、似たような断られ方が続いているなどがすぐにわかり、営業スクリプトの変更も即座に対応できるといったメリットもあります。

●営業履歴画面

▲ページトップへ

営業支援のフローとそれぞれの役割

営業支援にご成約いただいた場合には、右図のような流れで営業活動を進めていきます。
御社、弊社それぞれでの役割が重要になってきますので、互いに協力しながら業務拡大やサービス拡大に向けて邁進していければと思っております。

現状分析→営業戦略決定(商品・サービスをどのように売っていくか)→ターゲット先選定→営業リスト作成→営業スクリプト作成→営業開始・アポ取得→訪問・ご提案→継続フォロー→成約→レポート提出→結果検証・新戦略構築

▲ページトップへ

PDCAサイクルで確度と精度を上げる

弊社の女性営業支援パッケージでは、PDCAのサイクルとそのスキームの構築も行い、より確度や精度を高めた営業支援を行っていきます。1ヶ月1回転を目安にしてPDCAを行っていきます。

1 合同Mtgで強みを明確にする

まずお客様が目指しているものは何かをヒアリングし、一緒にディスカッションをすることで、曖昧だったものを明確にします。そして、ぼやけていたものを形にし、具体的な営業戦略へと落し込んでいきます。

2 コール=マーケティング

単にクライアント様のサービス紹介やセールスにとどまらず、エンドユーザー様が何を求めているのかを引き出しながら、懐に入っていきます。セールスとマーケティング活動を同時に行っていくことで、クロスセル、アップセルに繋がるような施策を打っていきます。

3 ビジネスに重要なものとは・・・

営業活動を行っていくことで得ることのできたエンドユーザー様の貴重な意見を確認していきながら、ターゲットのニーズは合っていたか、訴求ポイントはブレていなかったかなど検証していきます。

4 さらなる商流拡充のロードマップを描く

これまでの営業活動(マーケティング)や貴重な情報を基に、いままで見えなかったものが見えてくる可能性も少なくありません。単なるプロダクトアウトではスムーズに商流を作れなくなってきた昨今、いかにマーケットインでの戦略を展開できるかを追求しながら適宜軌道修正をし、新しい戦略を練っていきます。

お問い合わせ・ご相談はこちら